おはようございます
まだ〜む葉子です

暑い暑いと言いながら、
少しずつ 朝夕の気温が
下がってきたのを感じますね

今年の夏は 過去最高に、
人の体が強張った夏だったように思います
涼しくなると張り詰めていた
気持ちや体がふっと緩んで
本音や症状を出してきます

あれだけ関西に固執していた父が

「余生は世話になるな」

という言葉を発して
引越しを決断してくれたのも
そんなふっとゆるんで
魔が差したのかもしれません(笑)

8月最後の日曜日、
神戸に一人住む父を迎える
湘南の家の契約に行ってきました
頑張ったど〜!!

休憩はクレープで気分あげる・・・

東京と湘南の2拠点ライフ〜♡
などと言っておりますが

実際は、
かなりのストレスがかかっています

 

私は一人っ子なので
誰にも頼れません


ずっと関西(神戸の海と山のある環境)を
愛してきた父を
関東という全く違った土地に迎える覚悟

親戚などの力を借りず
私に何かあった時はどうするんだろう

そんな漫然とした不安が
頭をもたげますで、出した答えは

自分でできないことは
全てお金で解決することにしました

こう言ってしまうと感じ悪いかもしれません
が、

私は、億万長者でも
ハリウッドに住む大富豪でもなければ
何代も続く王族でもありません(笑)

つまり、
お金をかけるところを変えた
ということになるのかもです・・・

今回の場合だと、
父の家にある家電や家財道具など
一切処分することを決めました

勿体無いかな〜と思う気持ちもありますが
父を連れてきて
引越しの手配をして

その家具が到着するまで
父を自宅に連れてきて・・・
などと考えていたら気が狂いそうに(笑)

だから、
新婚の夫婦のように
一から全て用意した家に新調し
父が身の回りのものだけを持って
単身、湘南に乗り込んで来れるようにしようと

時間と労力をお金さんに
助けてもらおうと考え、
その上で、
自分のライフスタイルも少し
仕事中心だったのを
家族との時間に戻そうとお思っています

とはいえ、
そもそもかけられるお金と
そして、時間管理を自分でコントロールできる立場
これが最低限ないとできません

おかげさまでまくら体操グループで、
大きく成果を上げた先輩をみて
これを追いつき追い越したい!


と、申し出てくださる新セラピストが
続々と出て来てくれています

本当にありがたいです
仕事にしても今だったら、

一人っきりでやっていた頃と違い
助けてくれる仲間がいます

そして、

娘が重い腰を上げ、
運転免許を取得する気になってくれました
目が悪い私に代わって

おじいちゃんの所に行ったり世話したり
手伝いができるようになるためです
他に頼る人がいなくて、
高齢の父を引越しさせるのは本当に悩みました。


できない事はすべて
お金で解決しようと割り切りw、

その覚悟を天国の母や
おじいちゃんおばあちゃんが見て
応援してくれている気がします^_^


このコロナ下で医療崩壊が叫ばれ
不安が渦巻くいまの世の中


社会の中の最小社会である家族の、
地域社会の光となるような
セルフケアマインドを持ったマクラーを

つくっていきたい!


そして、マクラーを育てる
まくら体操セラピストの皆様には
誰よりも美しく自立し生き生きとした
魅力的な女性であって欲しい


そんな想いでこれからも
みんなで楽しく
自己実現と社会貢献を叶える
センシュアルな女性集団として

成長し続けていきたいと思います


決して1人ではできなかった「今」

一緒に私の想いについてきてくださる
マクラーの皆様
セラピストの皆様


そして、

整体の師匠
ビジネスの師匠
これまでまくら体操を愛して
応援してくださっている方々
支えてくれるすべての方々に
感謝と愛の気持ちを込めて♡


それぞれにご恩返しできる自分になれるよう
もっともっとがんばろ〜っとと思える
8月最後の日


すっかり秋に変わるまでの中庸の時期は
心もからだも揺らぎます

しっかりご自身のからだと心に向き合って
本当の意味の栄養補給してあげてくださいね


ではでは

たくさんの感謝の気持ちを込めて
今日も素敵な1日になりますよう♡

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

*レッスンカリキュラム変更についてはこちらをご覧くださいませ
2020年のレッスンカリキュラムの変更について
*会員の方には専用の予約サイトをお伝えしております。
ご不明な点はお問い合わせくださいませ



★元気が出るカンフル剤!いちい葉子の自分ブランディングメルマガ
https://peraichi.com/landing_pages/view/touroku2/?blog




★Facebook
https://www.facebook.com/yoko.ichii